インターネットとはそもそもなんなんでしょうか?

ネットで調べるとなにやら小難しい事が出てきますがよくわかりません(笑)
まあそんな難しい事を知らなくてもネットは出来ますからね!

考え込む事はありませんヨ
ここでは非常に大雑把に!わかりやすく!簡単に説明してみました

大雑把過ぎるともいいますが(笑)



沙月姐さん沙月姐さん

インターネットってそもそも
なんかしら?
ネットで調べても小難しい事しか
出てこないんだけどーっ!

結局わからないんですけど!!



そんな方も多々いらっしゃるかと。
しかしですね。

ある意味

「インターネットとはインターネットだよ」

という感じなのでございます(笑)
当たり前すぎてどういうものなのかを理解するには
小難し過ぎるんですよね。

だから簡単にこんな感じなんだって仕組みをイメージで知っておく
それぐらいで問題ありません。

なんとなく大雑把な形をわかっていれば、


専門家にならない限り専門知識知らなくても
使いこなせる物である(笑)


そんな前提の上で私の中で理解している

「インターネットとは?」を説明していきますね。
では、始まり始まり♪



まずは。
皆さんは電話を使ったことありますよね。

電話。
今回は携帯とかスマホではなく、家で使っている電話。
今では携帯電話が普及して家でなくてもどこでも電話かけられます。

それは今回は置いておいて。
懐かしの黒電話を書いてしまいましたw
昔はこんな黒い電話がいっぱいありましたよww

そういう世代ですが、何か(笑)




電話とは。
イラストでもあるように誰かと誰かが電話の回線を介して、
遠くにいる人とでも簡単に声のやり取りが出来るシステムですね。

じゃあその電話がどういうシステムで繋がって私たちが
電話でおしゃべりできるか・・・なんて詳しいこと知りませんよね。




私も良く知りません(笑)
知らなくても電話はかけられますからね!
そういうもんなんだなってそれぐらいです。

咲月から沙月さんに電話をかけるとき、
その電話の回線の先には専用の機器がありまして、
その機器を介して指定する先の相手とつながる事ができます。

で、誰と話をするのかを決めるのが「電話番号」ですね。
これは同じ物は存在せず、その番号にかけると
番号に該当する相手につながるようになってます。

詳しいシステムは知りません(笑)



インターネットも同じ事です。
咲月さんと沙月さんが電話でお話しするのに、
二人を繋ぐのに中心になる機器がありました。

大雑把に言うなら、その機器が二人を繋ぎ合わせてくれます。

咲月ミオ ⇒ 電話の機器 ⇒ 沙月

こんなイメージですね。

この間を繋ぐ矢印の部分が「電話回線」という事ですね。

これがインターネットになると「インターネット回線」という線になります。

目には見えませんが、例えて言うならインターネットという空間がありまして、
その空間にインターネット回線を繋いで、
その空間から見たいサイトやブログのデータを取り出してくる感じです




なんかぬりかべみたいになりましたけど(笑)
水色のぬりかべ(自分で言うな)がインターネットです

そのインターネットと咲月はインターネット用の回線で繋がっています
このインターネットは特殊で個人では回線を繋ぐ事はできません
(出来なくもないですが特殊な機器がいるので個人ではやりませんね)

その為にインターネットに回線を持っている「プロバイダ」に申込みをして
初めてインターネット回線を使う事ができ

ぬりかべさん・・・もとい、インターネット本体にアクセスできるようになります
Aというブログが見たいときにはこの回線を通してアクセスして
そのデータをインターネット側から差し出してもらってる感じです

目には見えない電脳空間があるのです(笑)
「インターネット」は目には見えませんが、
電子の特殊な空間という事です。


私たちはプロバイダに申し込む事でこのインターネットの世界に
つながる事ができ見たいホームページやブログを見る事ができるのです




ここで注意しなければならないのは、
インターネットはあくまでもあなたのパソコンとは別物です。

パソコンからインターネット回線を通って「インターネット」本体にアクセスして
サイトやブログのデータを見せてもらうんですよ

つまり、あなたのパソコンは「インターネット」上にはありませんから、
例えばあなたがパソコンでサイトを作った場合は、

インターネット上にサイトのデータを「アップロード」してやらなければ、
他の人はあなたのサイトを見ることは出来ないので
気をつけてくださいね!!

この辺はまた別に説明しますね(・∀・)