名探偵コナン 純黒のナイトメアを本日見て来ましたよ~♪
ネタバレ混じってるかもしれないんで、見てない人は気をつけてね。



本当に今日見てきたばっかなんで
( ゚Д゚)ウヒョーとかなってますからww

一応気をつけますけど。
ほんと、ネタバレしちゃったらゴメンヨ(笑)
先に謝っておきますよ←( 」゚Д゚)」オーイ!


そんなわけで。

本日くっそ暑い中(ここまで暑いとは思わなんだが)JRに乗って行ってきました。
好評放映中の映画「名探偵コナン 純黒の悪夢」に!!


いや、前売り券買ってるから行きますけど(笑)
ちなみに。


これは私の趣味では決してなく・・・私は絵を書く人間だからか、
自分の好みの絵柄でないとあまり見ません。


いや、面白ければある程度は見ますけど。
そもそもサスペンスに興味がないんです(;´Д`)


キライじゃないけど好きでもない(笑)
んじゃ、何で行ったのか。


ソレは・・・うちの母が大好きだからです。
そして母の日のプレゼント代わりです。


最初は付き合いのあるサニクリーンの担当のお兄さんに頼まれてお花に
しようかなと思ってたんですけど。


まあ花でもある程度は喜ぶとは思いますけど。

やっぱり全巻網羅して映画のDVDも網羅して、U-NEXTという有料放送番組で
テレビのコナンシリーズをえんえんと見てるぐらい好きな


コナンの新作映画を天秤にかけたら比べ物にならんだろう


という話です(;´Д`)
まああれです。


贈り物というのは贈る相手が喜ぶものをあげるて喜ぶ顔が見たいという
贈る側の(・∀・)ニヤニヤの為でもあるので←待て


そのチョイスになったわけですわ。
ちなみに。


母親は全て他人任せのダメっこなので、一人で映画を見に行く事ができません。
必然的に私も同行する事になるんですが。


来年からはやめようかな・・・めんどくさいし(;´Д`)
とか思った今日のあるショッピングモールの超混雑!!


例年は別の映画館がある小さめのショッピングモールだったんです。
そこは交通の便がちょい悪くてですね。


JRと市内電車を乗り継ぐか、車で行く方が早いんですが。
つーか今車動くか非常に不安です。


ほぼ乗ってませんからね( ー`дー´)キリッ



確実にいけるJRで楽に行けるショッピングモールを選んだんですが、
交通の便が悪くないと言う事は・・・人も多いね!


しかも何気にあちこち工事中か!!
連休に工事してるとは何事かww


まあ秋口目指しているらしいのでしょーがないんですが。
どうやら広くなるらしいので・・・ほとんど行きませんけど(笑)
頑張ってください。


あちこち通行止めで元の姿がカケラもないのでどこがいつもの入口か
全くわかりませんでしたけど(b´∀`)ネッ!


なんとか無事に映画館にたどり着き前売り券を引き換え座席をゲット!



ちなみに。
映画の前売り券は映画の座席の指定席と引き換えてもらいます。
前売り券を映画館の館内の入口のお兄さんに渡してもダメですよ(笑)


一度見たことがあるのでww
それチケットと交換せな!



そっかー
わからない人にはわからないよね。
と、思いました。


そして話を戻しますが。

名探偵コナン 純黒の悪夢ですが。
これまた人が多いw


例年他の映画館で見てたんですが。

そうですね。

席が200ぐらいあったら20人入ってるかぐらいでした。
どれぐらい交通の便が悪いかわかって頂けるかとww


そういう意味でも立地条件大事ですね。
前売り券を持って窓口に並び座席の予約をします。


今は画面に座席表が表示されて開いてる場所が白くなってる。
座りたい場所を伝えるとそこが赤くなり確定で黒に変わります。


ほほぅ
前もって予約してるから入って席がないとかにはなりませんよね。
それにしても・・・名探偵コナンはアニメなんですけど。


そりゃもう人が多い!!
ちいさな子供連れからもちろん大人までww
60超えのおばちゃん連れてますしね。


やはり名探偵コナンの対象年齢の幅が広いんですよね。
ファンの。


例えばこれがクレヨンしんちゃんならちいさな子どもとそのお母さん。
大人同士とかではほとんどないな。


名探偵コナンに関しては10代から20代のお兄さんもいました。
友達同士でコナン見に来るのか・・・(´・∀・`)ヘー


みたいな(笑)



改めてコナン幅広いな!
まあいつもこうなのかはわかりませんが。


その理由は今年が20年目の記念の年であること。
それに踏まえて登場する主な相手があの黒ずくめの男たちであること。


メインストーリーが絡んでくるので注目度も高かったのかと。



今回の舞台は水族館。
水族館と言っても複合施設的な感じで遊園地がくっついてる。

そこでの事件です。
コナンが出張るところ事件起きます。


疫病神は本当はおっちゃんではなく、そこのちびっこですよ。
警部殿。


今回の敵は黒ずくめの男たちの組織。
一人の女性がキーマン。


その女性が警視庁から盗み出したものが非常にまずかった。
それはスパイが誰かという情報。


実際に黒ずくめの男たちの組織に侵入していた公安やFBIのスパイが
次々に消されていく。



忍び込んだ女性が盗み出したスパイの情報。
それを阻止せんと当然警視庁側も追いますが相手もすごかった。


逃がしてしまう。

追う警察と逃げる女性。
カーチェイスが非常に迷惑極まりないww
超大事故ではないですか!!


その最中に記憶をなくしてしまう侵入者の女。
そんな彼女に出会うのがお約束かのコナンたち一行。


記憶のない組織の女を奪還すべしと動くジンたち。
彼女から情報を引き出そうとする公安とFBI。


その決着は最初に訪れていた水族館で繰り広げられる。




途中で記憶を取り戻した組織の女は・・・結果組織を裏切る事に。

彼女が命がけで守ったものは・・・自分につかの間の笑顔を取り戻してくれた
三人のコドモタチの存在だった。


水族館の名物である巨大な観覧車が、大きな歯車として回転をしたとき。
その先には蘭がいて、その観覧車には子ども達が乗っていた。


観覧車を固定した軸を破壊され重力にしたがって回転し、前身を始めた観覧車。
その先には逃げ惑う人々。


そして蘭と園子の姿も。
また観覧車に閉じ込められていた子供たちの命運は?


その巨大な観覧車を果たしてコナンは止められるのか?



また組織の女の最後の決断とは?



最後の消し炭のあれが・・とてもとても物悲しかった。
でもそうさせたのは確かに子ども達の暖かい笑顔だったから。


あれがなかったらそのまま組織に戻っていただろう。
そして警察から奪われたリストは組織の手に渡っていただろう。


子ども達がそれを回避したのだ。
それを知らないままに。


もう会えない事を知らないまま。



っていうか、公安の奴とFBIの奴がガチンコバトルしてたんですが。
あれコナンが来なかったらずっとやってたかもしれナス


いや、そもそも仕事せーや(笑)

と、思ったのが一番の感想です←待て