人の一生って・・・よくよく考えればロールプレイングゲームよね。

しかもロールプレイングゲームを一からやりなおすという作業を
嫌がおうにも何度も何度も繰り返す事になる。



生きていくうえで何かを新しく始めることは、
ロールプレイングゲームを一から始める事と同じだった・・・その理由とは


私はゲーマーで特にロールプレイングゲームが好き。
というか、それしか出来ない・・・(笑)
ええ、その他のジャンルはほぼ出来ませんが、何か?

・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン



その辺の嘆きはともかく。
私は人生とはロールプレイングゲームの連続であると、思う。
その理由とは?


そもそもロールプレイングゲームって何?


ロールプレインクゲームというのはゲームのジャンルの一種。
最近では多種多様になってきてロールプレイングゲームと一言で言っても
細かく分けるとかなり違いが出てきますが。

ここではロールプレイングゲームでは知らない人はあまりいないだろう

「ドラゴンクエスト」


これを例に挙げる。

ドラゴンクエストシリーズは人気のシリーズなので遊んだことがなくても、
名前ぐらいなら知ってる人は多いのではないでしょうかね。


このドラゴンクエストシリーズも最近は多種多様な要素が盛り込まれていたり、
アクションゲームになったりしていますけど。

オーソドックスなドラゴンクエストの初回作「ドラゴンクエスト」です。



ドラゴンクエストの主人公は勇者で奥の化身のボスを倒すたびに出ます。
そこには救うべきお姫様がいたりします。

様々な試練や難関を苦心しながら突破しラスボスをぶっ飛ばし、無事お姫様を助けて
ハッピーエンド。




簡単に説明するとこんな感じ。
本当に簡略すぎる・・・(;´Д`)

で。
ロールプレイングゲームの王道として、まずは勇者の装備品は最初から
僕勇者m9(・∀・)ビシッ!!という格好ではなく。


「ぬののふく」に「ひのきのぼう」


これです(笑)
つーかこんな格好で魔王倒してきますとか竜王倒してきます!とか
王様に挨拶したんですかね・・・勇気あるな(笑)

あ、だから勇者か!←絶対違う



まあ格好はともかく。
その後に街に出て町の人にあれこれ話を聞き、情報を集めて初めて町を出る。
町の外は知らない場所だらけ。

その街に住んでた割には何も知らない(笑)
(それともよそから呼ばれたのか・・・)


町の外に一歩出るとそこは魔物が徘徊する怖い世界。
知らない世界に飛び出しておっかなびっくりテクテクあるく。

すると・・・効果音と共に魔物が襲ってくる。
慌てるな、落ち着いてそのひのきのぼうを振り回し魔物を倒すのだ!
(無理を言う)


少しずつ戦いを繰り返し武器が少しずつ馴染んできた。
HPが心もとないのでそろそろ宿屋で休もう。

あ、お金に余裕が出てきたから武器・防具屋を覗いてみるか!
なかなかよさそうな「かわのたて」を見つけた。

「かわのよろい」と「どうのつるぎ」はまだお金が足りないので
再び外に出て敵と戦い経験値を稼ぎつつお金を貯めて・・・・以下略



というように、敵を倒すことで得られるお金を元手にして
回復するためのやくそうをそろえたり、新しい装備を購入したりして
自分の身の回りを整え新しい場所に赴く準備をしていきます。


もちろん戦うことで経験値を得て、レベルも上がっていきます。
新しい場所に行くと新しい魔物が出てきてその応戦をし、
経験をつみます。

場所によっては中ボスもいることでしょう。
対抗する為に、武器や防具も強化し道具もそろえ戦い打ち勝つ!
その繰り返し。

結果、ぬののふくとひのきのぼうからスタートした勇者はいつしかその身を
勇者の為の装備品で身を包み、魔王や竜王といった巨大な悪と対峙し、そして打ち勝つ。


それがロールプレイングゲームの醍醐味である。


そんなロールプレイングゲームがなぜ人の一生と重なるのか?
その理由とは?


人の一生はロールプレイングゲームを最初から始めることの連続だの理由とは?


ロールプレイングゲームの王道の流れの通りです。
勇者と呼ばれた主人公も最初はしょっぼい


「ぬののふく」と「ひのきのぼう」


この二つしかもっていません(笑)
その格好で王様に会いに行くなよ・・・と思わなくもないですが。
それは大人の都合です( ー`дー´)キリッ



しかし戦いを繰り返し敵と戦って経験をつんでいくことでレベルが上がり強くなる。
身につける武器や防具の強さもあがっていきます。

それらを繰り返していつしか巨大な敵を打ち崩してしまうのです。
最初は街のそばで跳ねているスライムすらきゃーきゃー言ってたのにね(笑)

人とは成長するものだ、うむ。



それが理由です(笑)
人は経験してそして成長していくもの。

また人の一生は新しい経験の繰り返しですよね。



例えば初めて小学校に入学すること。
新しい場所、新しい環境、初めて見るともだち。

先生もいますし、初めての学校の授業・・・楽しい夏休みに
遠足や運動会などの行事もあります。


それは新一年生には全部はじめての経験。
ドキドキしながら一つずつ経験してクリアしていくのです。


失敗もします。

間違いだっていっぱいします。

頑張ってもなかなかできなくて悔しい日だってあるでしょう。
でも何度も何度も挑戦してできるようになったあの達成感。

私は跳び箱が好きじゃなかったのですが、6段を初めて飛んだときには感動しました。



小学校でのはじめての経験を経て2年生に上がると学校によりますが、
クラス替えがあるとがらりとクラスメイトの顔ぶれが変わりますね。

そうするとまた一から人間関係を構築する事になります。
おともだち作りからまたもスタート。

まあ全員が始めての人とは限りませんから顔見知りもいるかもしれません。
それでもまた新しいスタートを切る事になります。


大げさに言えば、つまりロールプレイングゲームを初めからやりなおしている感じ?
今まで積み上げた装備品やレベルはなくなってしまい、レベル1からのスタートです。


( ´゚д゚`)エー
また最初からレベル上げして装備品そろえていくのか・・・

学年が上がるたびに多少の変化ではありますが、1から積み上げていく必要があるもの。
いろいろありますね。


でも小学校から中学校へ。
中学校から高校へ。
高校から大学へ進学する人もいますし、就職する人も多種多様です。

それぞれの道はそれぞれの選択なので自由ですが。
新しい環境に飛び込んでその環境に1から慣れていくのはやっぱり


「ロールプレイングゲーム」を一からやりなおすのに似ています(;´Д`)


ロールプレイングゲームをやりなおすと勇者はまた1からレベルを上げて、
経験を積み重ね装備品もそろえて自分を強化していかなくてはなりません。


人生にいくつかある大きな節目はまさにそんな感じです。
今まであれこれやってきて自分の中に積み重ねていたものがなくなるわけではないけど、
1から積み重ねていかなきゃならないものってたくさんあります。


特に社会人になるときはその規模が一番大きいかな?


それまでは保護される子どもの立場だったのが、これからは社会人として
この社会の一員として働くことでお金を得て自己責任の下で生きていく。


がらりと立場が変わります。
下手するとそれまで子ども時代に積み上げてきたさまざまなものが全く
歯が立たないという事も多彩にあります。


しかし、それらに負けずに日々努力し経験をつみまた一つずつ進んで
勇者はレベルを上げて身の回りを整えて進んでいくんです。



ちいさな変化や大きな変化。
人生の中には様々な節目があって、その時々で新たな世界に飛び込んでいく。


今まで経験したことがない事なら、それは新たにロールプレイングゲームを始めるのと同じ。
新しい世界、新しい知識。

それらを1から知って積み重ねて一歩ずつ進んでいくのは時間がかかるししんどい。
でも勇者も一つずつ進んでいくのだから、あなたも一つずつでいいのだ。


だって勇者もいきなり( ゚Д゚)ウヒョーって何でも出来たわけではないのだから。
最初はぬののふくとひのきのぼうよ?

街の周りにいるスライムに右往左往よ?
それがいつの日か魔王や竜王を倒す力を得ていた。

いきなり出来たわけじゃないんですよね、コレ。
人生だってそれと同じ。



最初から何でもできるわけではないんです。
新しい何かにチャレンジする時には右も左もわからず、
ひのきのぼうとぬののふくで旅出つ主人公ですよ!


でも一つずつ時には魔物にアタックされてひっくり返ったり、
やくそうを買い忘れて慌てたり、毒を盛られて四苦八苦したり。

洞窟にもぐって迷ってでられなくなったり、脱出魔法で頭をぶつけたり。
そりゃ様々な障害にぶつかることでしょう。


でもそれらの障害を少しずつ少しずつ経験をつんで乗り越えるすべを見つけ、
無事乗り越えたその先には少し成長したあなたがいます。


もちろん現実には魔王はいませんし、竜王が炎を吹いて攻撃してきたりもしません(笑)




でもまあ、物によってはそれよりやっかいな相手はいますけど。
新しい世界に飛び込もうとするあなた。

ぜひ諦めないで下さい。
ぬののふくとひのきのぼうで最初から魔王が倒せますか?


ムリでしょう、ムリですよねw
ゲームが崩壊してしまいます(笑)



慌てず騒がずそれがたとえ回り道に見えても、長い人生においては決して回り道ではなく。
ゴールにたどり着く為に必要な道のりだったのです。

人生はロールプレイングゲームを最初から始めることの連続だと思います。
新しい何かに挑戦するたびに。


あなたは新しい世界に飛び込んでいく。
そのたびに何もないところから始まるのです。


でも、勇者を操作するプレイヤーは前回ゲームをしていた記憶がありますね。
それは経験です。


勇者はさっきまで身につけていた立派な武器や防具はなくなってしまいましたが、
勇者を操作するプレイヤーはそれまでゲームを進めた経験が残っています。


ここに洞窟があるとか、ここの敵は毒を吐くとか。
町はここにあるし、この敵が経験値を稼ぎやすいから通ってレベルアップしようとか。

そういう経験から得られる知識を駆使した創意工夫。



例え人生の節目に新たな環境でロールプレイングゲームを初めからやりなおす事になっても、
それまでに経験した様々なものはあなたの中に残っています。

それらはあなたの消える事のない財産です。
ロールプレイングゲームを最初から始めると、また経験値は摘まなきゃならないし、
お金も貯めなきゃならないし、装備もそろえなきゃならない。


大変です。
でも前回得られた経験から最短で進むことも可能ですよね。
人生だって同じ事。



学生時代苦労して得られた事が社会では全く役に立たないなんて事も少なくない。
でもそれでも学生時代に得られた様々な事はやっぱり気づかないうちに役に立つものです。

気がつかないうちに、ね。
そんなささやかな消えない経験こそが最大の財産だと思いますね。


これから先も様々な節目があります。
また一から始めることも多々あるでしょう。


でもロールプレイングゲームのように焦らず少しずつ経験をつんで身の回りを整え
自分を強化し魔王に当たる困難に打ち勝っていきましょう!


大丈夫。
ゲームオーバーなんて自分が諦めない限りありませんから。
そこからもう一度スタートです。



アフィリエイトでもね(´∀`)