XサーバーPHPのバージョンが勝手に戻る原因 思わぬ原因が潜んでいた!

昨日のPHPのバージョンが勝手に戻っちゃう事例の話。

覚えておいででしょうか(;・∀・)

まだまだ続きます
実は・・・
前回までの話はこちらです⇒



またもPHPバージョンが戻っていてエラー表示


( ゚皿゚)キーッ!!


と、なりそうなのをとりあえずこらえてなんとかせねば。
キーキー言っても現状は変わりませんからね。


それにしても。
昨日の手も通じない・・・へんだなぁ


調べた限りではあれで解決した人が多いんですけども。
わたしだけ!?


ひ、ひどい!!



そんな中。
ふと、気づいたんです。

思い出したといってもいいでしょう。


うちのこのドメイン・・・お絵かき三昧はワードプレス

ではここは?


メインブログは・・・そう。
シリウスで作ったブログです。


シリウスは・・・何か悪さ?してないのかな?


と、思ったんですね。

昨日の場合は皆ワードプレスだけ使っていた人たち。


今回の私のように


シリウスワードプレス が同居していません。


.htaccessのファイルは「satukimio.biz」にあります

その場合サブドメインやディレクトリにもその設定が反映

つまりいくらディレクトリに入ってるワードプレスブログで
設定しても・・・


その上の「satukimio.biz」の.htaccessが書き換えられたりしたら


PHPのバージョンもデフォルトに引き戻されてしまうんじゃ?


と。

・・・まさか。
まさかの伏兵に不意を突かれて危機一髪的な(笑)


もしやおまぃか!!


と、パソコンに指差して叫びたい衝動をこらえ、
ネット検索♪


今度は


「シリウス PHP バージョン 戻る」


で、検索をしてみました。
すると・・・PHPのバージョンをワードプレスにあわせて
変更してもSIRIUSの互換性が失われてしまうとか


つまりいくらXサーバーでワードプレスにあわせて
PHPのバージョンを切り替えても、

SIRIUSの方でその変更が反映されていないんですね。



( ´゚д゚`)エー

SIRIUSもPHP関係あるんですか!

まあない事もないんですが。
その辺はここでは置いておいて。

当然SIRIUSでサイト作成して記事を更新して
サーバーにアップロードすると・・・


たぶん.htaccessが書き換えられるんですね。


そういえばここ最近このブログ毎日更新してるので、

次の日にお絵かき三昧のブログを見るとエラーになってる。


あれシリウスの更新がなかったら書き換えられないから

気づかなかったかもしれない・・・(;・∀・)


もしこれが原因ならある意味不幸中の幸いかと


原因を考えるのに時間が経てば経つほど

その時に何をしたか思い出せなくなるから。


ここで犯人が実はSIRIUSである可能性が浮上してきました。


実際シリウスで作成したブログはドメイン自体に入ってるから、

その下位ディレクトリにあるワードプレスブログは


ドメインに入ってる.htaccessの設定になってしまいます。


反映しないような設定もあるような気がしますが。


それはまた別の手で!

今回はSIRIUSの設定を変更する事にします。


SIRIUSで.htaccessの変更をする方法は?


まずはワードプレスが動くPHPのバージョンに

切り替わってる事をチェックします。


私はさっき見たらエラーだったのでXサーバーで

バージョンを切り替えてきました!


その状態でFTPソフトを起動します

私の場合は「satukimio.biz」にある.htaccessのファイルを

ダウンロードします


次にシリウスを起動してください

下の順番で必要な設定を開きます


1、SIRIUSを起動する

2、設定したいサイトを呼び出す(私の場合はここのデータ)

3、サイト編集⇒サイトオプション⇒.htaccess設定を開く


出来ましたか?

さっきダウンロードしておいた.htaccessをメモ帳で開きます

オススメはテラパッドですかね!

その内容をシリウスの.htaccess設定の


「.htaccess上部」に丸々全部貼り付けます


その後でSIRIUSからサイト生成をクリックしてサイトを構成して

それをアップロードする


以上です。

これで大丈夫なはずですが(笑)


結果はこちらです⇒