アマゾン電子書籍読み放題サービスの「Kindle Unlimited」日本上陸?



アマゾン電子書籍読み放題サービス

Kindle Unlimited

これがとうとう日本にも上陸するといううわさがある!
あくまでもまだウワサで確定ではないとの事だが・・・!

非常に気になるところ・・・!
映画や音楽の見放題とか聞き放題よりも私は本の方が気になる。
あ、漫画だけど(笑)←ここ大事


ふと目にしたニュースにこの

Kindle Unlimited」が日本でもサービス開始するかもしれない。
そんな情報が飛び込んできた。


このKindle Unlimitedアマゾンが提供している
電子書籍読み放題サービスの事である。

ウワサによると月額980円で5万5000冊以上の本が読み放題・・・?

もちろん。
もちろんその内容にもよるのだが・・・!


ちなみにこの月々定額制の読み放題サービスであるKindle Unlimited
2014年からサービスを開始。

アメリカを始めに、イギリス、イタリア、スペイン、ブラジル、
フランス、メキシコ、カナダ、ドイツ、インド。

この辺ですでに提供されているサービスとの事。
おおぅ。


ウワサでは月額980円で5万5000冊を越えるタイトルと、
数千に及ぶオーディオブックに無制限でアクセスできる・・・かも?


現在での定額制の電子書籍サービスは存在して、



・Yahoo!ブックストア(4万冊以上)
・auブックパス(auスマホユーザー向け)




など。
いくつか存在しているのだが、規模がでっかいかも。
なぜならアマゾンだから(笑)


日本に税金を落とさないけどその規模は確かにすごいし。
サービスのアイデアもすごいし。



実力あるのだがいかに税金を払わないようにするかとか
ある意味企業として考えるべきなのかもしれないけど。


でもでも日本で荒稼ぎしてるくせに税金を払わないのが
非常に気に食わない日本国民の私です(笑)


どうせ買うなら日本に税金払う企業から買うわっ!
という事で極力アマゾンさまでは買わないが。



規模からして得意分野では断トツアマゾンのサービスを利用したほうが
希少価値の高い物でも見つかる可能性が高いのだ。


やはりこの辺は企業としてのアイデアというか。
戦略というか。



他も頑張れ。



もちろん。
いくら定額制の電子書籍とは言ってもその内容に左右される。
別に興味のない専門書とかずらりと並んでも私は不要だしなあ


そういうのはあるにしてもどんな物が取り扱われるのか。
まあそもそも本当に日本でもサービスを開始するのかから
スタートする話なのですが。



気にはなるのです。
まああまり本を読むほうではないんですが。
それはあくまでも活字であって・・・漫画は大好き。
でも最近は小説もある方向では読むようになった。


ただ家の敷地面積から考えるとあれこれ買うには辛い。
どうしても読みたい本、何度も繰り返し読みたい本。


手元においておく物は厳選せざるを得ない。
気軽にぽんっとためし読みしてどうしても欲しかったら
本屋で紙媒体を買ったり、電子書籍を買う。




この手のサービスは期間で読めるだけでその本自体の
権利が手に入るわけではないので。
サービスをやめるともちろん読めなくなるが。



試しで読んでみて面白かったら買う。
そんな新たな形もありではないかと。



現在もあるわけですが。
・・・読んでみたいものがあったりなかったり。
あちこち入るわけにも行かないので。

今は普通に本を買ってますね。
だから気軽に試してみるとは行きませんが。


もし私が興味のあるジャンルの本が既存のサービスの
三倍ぐらい用意されているのならそのサービス・・・


お金払う価値あるかも。
安くお試しできるのと一緒だから。



中途半端な量だとどうしても・・・これも読みたいけど、
ここにはないから。
どうしても読みたかったらあっちのサービスも・・・・


ってやるぐらいなら本買うわ(笑)
みたいな感じで定額制の電子書籍サービスは
現在は手を出していないんですが。




どうなんですかね。
専門書もそうだけど。


私はちょっと気分転換にさらっと読める少女マンガとか、
まあ少年漫画もそうですけど。


電子書籍買えば本棚埋まらないからいいんですけど。
でもあれも読んでみたくなってキリがなくて。



元々漫画好きですから(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
ある程度は選ばないと。



もしこのサービスが私にとって有用なら・・・
日本に税金払わない(笑)アマゾンのサービスでも飛び込んじゃうかも。


むむぅ。
それはそれで悔しいな!