咲月ミオはフェイントを食らいました。

本気で欠片も警戒していなかったところにガツーンと。
一発食らってしまった気分です。

ちくしょう・・・雪め(笑)



そもそもの話はこれ。




これはある日降った雪にうっかり浮かれた次の日。

ほとんど雪が降る事がない私は久しぶりにちらちらと空から降ってきた雪に
めっちゃ大興奮だヨ(笑)


でも次の日の朝のニュースであちこちで大雪で困った事に…!
雪のせいで公共機関が止まって帰宅難民が続出!!

駅が人であふれかえっている。
そんなに降ったのか…!


確かにろくに雪が降らない地元ですら雪がちらちらしてたんで。
降りやすいところはそりゃ降りますよね。

舐めんな、大寒波(;’∀’)
舐めてないからとっとと帰ってくれ!と思ったわたしです。



寒波は引き続いて停滞してしまうようだったので、
次の日降ったりしてね…と、最後に書いているのですが。


降ったのは次の日ではなく、一日明けた明後日でした…_| ̄|○
降るんかい!!






雪が降っている事に気づいてからは速やかに準備はしましたが。

家の表向きの窓と裏側の窓をのぞいたときに、表側は全く。
裏側はうっすらとタイヤの跡がついていたので雨か雪があってこすられた。
その程度に見えました。


それがよもや一時間弱後、地面真っ白になってるとは思いませんヨ
積もりそうな雪と積もらない雪ってあるのですが。


あの時はどう見ても積もれないタイプの雪だったので油断してた!!
ちくしょうww

一杯食わされたとはこの事です。
玄関に飛び出て目が点になった私。


絵ではダッシュしてますが正しくは自転車で出ました。
というのもメイン(といっても一方通行で行き違いができない幅の道)道路が
玄関から遠目で見えるのですが。

そこからわき道に入るうちの前は確かに白いのですが。
積もった状態というか積もるなら今からかなって程度。


メインの道もガンガン自転車が突っ走っているのでこれはいけるのか?
そう判断して自転車にまたがり…メインの道に出て左折。


すると大きな道に出るのでそこの信号をわた・・・( ゚д゚)
ちょww待てwwあの反対側の白さがぱねぇww


案の定。
信号を渡ってみると完全に雪が「積もっている」状態。
量的にはそうでもないので大丈夫なのかもしれませんが。


何しろママチャリではなく走るための軽量自転車。
何かあったら吹っ飛びかねません。


ロードバイクタイプならまた違うんですけど。
そもそも慎重派と言えば聞こえはいいけどたんなるビビりですので。


迷いなく歩いて行きました(笑)
自転車押しながら!


まあ自転車持ち出したのは帰りはやむだろうから自転車で帰りたい。
これが本音で行きしはどうかなーぐらいだったので。


自転車の支えで特に何事もなく会社へたどり着きました。
まあ滑る状態でもなさそうでしたが。


会社へ行く道は一本しかないのでその横の歩道をひたすら歩くのですが、
ひどい時にはこっちこちに凍ります。

風通しがいいので気温が下がるんじゃないですかねー
よくわかんないですけど。


今回はそこまでの自体じゃなかったので雪をふみふみ行きました。
ちなみに雪だるまは作っていません(笑)

そこまで積もってなかった…( ゚д゚)←あったら作るのかヨ


ちなみに。
仕事していたら妹様からメールが入り、めがっさ怒られました(笑)

妹様は家から5分の駅へ向かいJRに乗るのですが、道が凍ってたり橋も凍ってたりで
どうも心配をかけたようです。

道路状況がいい場所を早く走る自転車だから重さもできうる限り減らされているので
余裕で吹っ飛びますしね。


そーいや途中で地下道があるのですがいつもは気持ち悪いので迂回しますが、
その日はそんな状況でもなかったので通りました。

通常の階段と自転車等の坂があるのですが。



降りる側から見ると左が坂で右が階段。
これ・・・おりにくい(;’∀’)


坂を徒歩で降りると自転車につられて落ちそうでひやひや。



よし。
フンッと自転車を持ち上げて階段を駆け下りました。
それぐらい軽い自転車なんですよ。


だから滑ったり躓いたりすると自転車ごとぶっ倒れかねないんですね。

とりあえず平謝りしておきました。
まあ乗ってないんですが(笑)

だってビビりだもん。
何か怖そうだったらそもそも手を出さないしネッ!

でも皆さんも気を付けてくださいねっ!
私が言ってもあまり説得力はないが(;’∀’)