ワードプレスの高機能タグ管理プラグイン「Simple Tags」をインストール!

Simple Tagsをインストール手順を説明しています。

そもそもワードプレスの「タグ」ってなんなんでしょ?
キーワードとは違うの?


そもそもワードプレスのタグとは?キーワードとは違う?


ワードプレスの記事投稿欄にある「タグ」の設定部分。
そもそもタグってなんだろう?

私は・・・ずいぶん長くキーワードと同列だと思ってました(笑)
(´∀`*)ウフフ

ちなみに記事を書く場所にあるタグを設定する所ってココ




見えん(笑)
それでは拡大m9っ`Д´) ビシッ!!




はい、ここですね。
ここにタグを打ち込むわけです。

で、そもそもタグとは?
キーワードとは違うんですかね。

ちなみにキーワードはココに入れます。




キーワードは書かれている記事が何について書いてあるのか。
検索エンジンにそれを指し示す為のもの。

検索エンジンは検索しようとした人が打ち込んだ単語・・・つまりキーワードに対して
その答えになるブログやサイトはこれですよって差し出すのが仕事!

その検索エンジンの仕事に対してサイトやブログを作る側の私たちが
このページは◎◎に関してのページですってアピールします。


タグはカテゴリに立ち位置が近いですね。
カテゴリはその記事が何について書かれているのか
大きくグループ分けをする機能です。


Aのカテゴリはワードプレスについての記事の集まり

Bのカテゴリは無料ブログについての記事の集まり

Cのカテゴリはサイトについての記事の集まり


こんな風に大きくグループ分けをしています。
カテゴリが大きいと親カテゴリの下に子カテゴリを作ったりしますね。


Aの親カテゴリー ワードプレスについて

 Aの子カテゴリー プラグインについて・タグについて・テーマについて


というように、大きなグループ分けの親カテゴリを細かく分けるのが子カテゴリ

カテゴリーはワードプレスブログのサイドバーに並べて表示が出来ますね。


でもですね。
なんでもかんでも細かくカテゴリを並べるのはちょっと大変です。
100個も200個もカテゴリ並んでたら何がどこにあるのかわかりませんね(笑)


そこでカテゴリーに大雑把に分けたグループをもっと細かく分類わけするのがタグ。


ワードプレスの話題が入ってる親カテゴリーAの中の、
プラグインの話題が入っている子カテゴリー。

もっと細かくグループ分けしたいときに登場するのがタグなのです!


タグが集まったものを「タグクラウド」といいます。
うちのゲームブログのタグクラウドはこれです!




うむ、さすがにゲームブログなので大体はゲーム関係のタグばっかりだ。
この中の・・・例えば「ゼノブレイドクロス」というタグをクリックすると・・・?




記事に「ゼノブレイドクロス」のタグがついてるものがずらりと並びました!


ゲームを例題に言うと、

Aの記事はゼノブレイドクロス
Bの記事はドラゴンクエスト

二つの記事は全くテーマが違うので別のカテゴリーに入れてます。

ただこの二つの記事はそれぞれの登場人物の話を書いてます。
アイテムの話であるという共通点があるので、タグを登場人物とつけたとします。

すると、違うカテゴリーにありますが、タグの「登場人物」をクリックすると
「登場人物」のタグをつけられた記事がずらりと並びます。

さっきのAとBもタグが付いてるので並びます。
このようにテーマは違うけど同じタグをつけることで別方向のグループ分けが出来ます。


記事を書き続けるとブログのボリュームがアップしますね。
そうすると必然的に目当ての記事を見つけるのが難しくなります。


だからこそカテゴリーで大きく分けたり、タグで細かく分けて、
ユーザビリティを向上させる必要があるのですね。


記事を読んでくれる人が目当ての場所にたどり着きやすくする為に。

サイトマップがそのまんま「地図」なら、タグやカテゴリーは「案内板」って感じですかね。
それぞれを上手く組み合わせ使い分けていきましょう。


それではSimple Tagsのインストールをしていきましょう。


Simple Tagsのインストール手順は?


まずは左のメニューから




「プラグイン」⇒「新規追加」




四角で囲んだ右上にプラグインの名前「Simple Tags」を入れてエンターを。




はい、出ました!




右上の「今すぐインストール」をポチッと




「今すぐインストール」が「有効化」に変わりましたね。
「有効化」をポチッと




はい、無事インストールできました。




左のメニューにも追加されてますね。

Simple Tagsの設定はかなりいろいろありますが、
私はそのまま使っています。

このSimple Tagsを入れると記事を書くときに今まで登録してあるタグを
選びやすくなるんです。




これは今まで登録してあるタグが出てきています。
同じ話題の場合はここからタグを選んでいます。


例えば


・年末年始
・お正月
・初詣


この三つの単語は同じテーマですね。
このタグをそれぞれ別々につけると、それぞれのタグをクリックすると一つしか出ません。

同じテーマであるなら統一した方が探しやすいです。

例えば「年末年始」という統一のタグを決めて、年末の大掃除の記事や
おせち料理の話とかお年玉の話とか。

全部共通したタグをつければ一覧で出てきます。
でも全部ばらばらだとテーマ自体は共通なのに一覧に出てこないので
同じテーマの記事を探そうとしたらそれぞれ探さなくちゃならないので大変ですね。


なのである程度同じテーマに関しては統一のタグをつけてあげると
同じテーマの記事を探している人には親切かなと思われます。

この辺はいろいろ工夫してみてください(b´∀`)ネッ!